ミス・サイゴン

8月24日、お友達に誘われ、ミス・サイゴンを観に行ってきました~

実は高校生の頃、修学旅行で観たことがあるのですが、

今回は友達が出演しているということでウッキウキで行きました

この日のキャストは・・・

エンジニア・・・筧 利夫
キム・・・知念 里奈
クリス・・・藤岡 正明
ジョン・・・岸 祐二
エレン・・・鈴木 ほのか
トゥイ・・・石井 一彰
ジジ・・・菅谷 真理恵


でした。

その他キャストを見てみると結構知ってる芸能人がたくさんいるなぁ。。。

でもオーディションは全て一般公募とのことなので

実力者が選ばれてるんでしょうね


そしていざ帝国劇場に入ってみると・・・

わ~なんだか歴史を感じるというか、たくさんの音楽ホールを

訪れてる私も、「観劇しに来たんだっ!感動っっ!!」という

気分にさせてくれる空間でした

音楽ホールと違うところは、会場が絨毯ばりになっている事。

生の音は吸収されてしまうので、これはまずないです。

でも高級感があってかなり好きです~~

オーケストラピットも見に行きましたが、割とせまい空間に

管楽器、弦楽器、打楽器が入ってました

打楽器はすごい種類があって、みたこともない楽器が

びっちりつまってました

なんだかケバブ(肉)のような金色の楽器もあって、

ありゃどうやって使うんだろ~な???

なぜか仏用鐘のりんも置いてありました~~ち~ん


さていよいよ開演 

ヘリの音が映画館のようにいい感じで鳴ってきました。

最初に・・・戦争で逃げまどう人たち。

そして、どハデなアメリカンドリームの舞台と欲望。

ベトナムの穏やかな村の雰囲気、愛と別れ。

素晴らしいアンサンブルにキャストの個性的な歌声。

最後のシーンでは涙しました。

劇中、写真がいくつか出てきましたが、ベトナムのたくさんの孤児たちは

確かにアメリカ人とのハーフの顔をしていました。。

本当にこういう悲劇ってたくさんあったんだと思います。

歴史に疎い私は家でベトナム戦争について調べてみましたが。。


初演と比べたらいろいろ違う部分もありますが、

今回の方が自分が歳とったってのもあって、

内容を深く理解できたと思います。
(キャストは初演の方が個人的には好きですが)

あとはクリスジョンの歌の上手さにビックリ。

とても質のよいテノールです。オペラもすぐできそう

ちなみにクリスの藤岡さんはASAYANのケミストリーオーディションで

最後まで残っていたそうです。

もしかしたらケミストリーになってたかも??

公演後のトークショーで少し歌ってくれましたが

ポップスも激うまですっっっ

キムはさすが沖縄の喉といった感じでした。

エンジニアはキャラ的にぴったり

みなさん頑張ってますね~。

終演後に友達の楽屋を訪れて、久しぶりに飲みにゆきました

ぷは~っ楽しかったぁ~

友人の頑張ってる姿に刺激を受けました

私もガンバルぞ~~~~~~


Miss Saigon
EMIミュージック・ジャパン
1993-05-19
ミュージカル(歌)本田美奈子

ユーザレビュー:
果てない夢…私は初演 ...
緊迫の演奏、歴史的録 ...
感動しましたストーリ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック